花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ザ・マスター」

映画「ザ マスター」を観て来ました。
T0014603p.jpg



【解説】 <allcinemaより>

 「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の鬼才ポール・トーマス・アンダーソン監督が新興宗教を題材に、カリスマ教祖と迷える復員兵の愛憎入り交じる関係性を俳優陣の重厚な演技で描き出した人間ドラマ。出演は「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のホアキン・フェニックス、「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン、「魔法にかけられて」のエイミー・アダムス。
 第二次大戦終結後、軍病院のメンタルテストで問題を指摘され除隊した元海兵隊員のフレディ。アルコール依存を抜け出せず、トラブルを繰り返しては職場を転々とする日々を送っていた。そんなある日、いつものように酒に酔ったフレディは、港に停泊中の船にこっそり乗り込んでしまう。やがて船員に見つかり、“マスター”と呼ばれる男、ランカスター・ドッドの前に引き出される。“ザ・コーズ”という新興団体を率いるドッドだったが、意外にも彼はフレディを歓迎し、一方のフレディもドッドに自分を導いてくれる可能性を見出す。以来、2人は行動を共にするようになり、次第に強い絆で結ばれていくが…。



予告編です。





私、映画館で映画を見るときはかなり集中して見ますので、寝たり、あくびをしたり
ということがまずありません。
でも・・・この映画は、あくびが4回も出てしまい、途中から見るのがかなり苦痛でした。

出演者が、ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムスとくれば
見るしかないでしょ!と、意気込んでいたのですが、見事に撃沈。(笑)
作品的に見れば佳作なのでしょうけれど、自分的には全くダメでした。
きっと私の知的レベルが低すぎたのだと思います。

新興宗教、輪廻転生の神秘、深層心理・・・。
興味がないわけではないのですが、私の稚拙な知識では全く理解できませんでした。
ただ、演技派俳優揃いでしたので、なぜか画像が頭にこびりついています。

特にホアキン・フェニックスの演技は、
「ねえ、ねえ。演技じゃなくて地でやってない?」と思うくらい迫力満点でした。
343684_002.jpg


この映画は、サイエントロジーをモデルにしたとされています。
「トム・クルーズが見たら、どんな感想を言ってくれるのだろうか?」と、
思いつつ、映画館を後にしました。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

埼玉は今日も雨です。 今、ザーザーと音を立てて降っています。
(仕事に行くのがちょっと億劫です。。。笑)

本日もご覧いただき、ありがとうございました。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/03(水) 08:10:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「ミラノ、愛に生きる」

ギンレイホールでもう1本、「ミラノ、愛に生きる」を見ました。
T0011408p.jpg



解説  (映画.comより)

ティルダ・スウィントンの主演で、イタリア・ミラノの上流社会を舞台に、富豪の夫人が息子の友人との情事を通して押し殺していた自分を解放していく姿を描いたドラマ。良妻賢母として富豪の一家を支えてきたエンマは、子どもたちもそれぞれ独り立ちし、自分を見つめなおしていた。そんな時、息子の友人と恋に落ちてしまい……。2010年・第83回アカデミー賞では衣装デザイン賞にノミネートされた。



予告編です。





まぁ~、びっくりしましたわ。 え? 何が?ですって?
ティルダ・スウィントンが美しくて!
だって、彼女、身長は高いし(180センチ)
細いし、中性的なイメージがあったのです。
Tilda-Swinton-GG-2012_convert_20130328185531.jpg


ほら、何となく女性離れした雰囲気があるでしょ?
tilda-swinton-Moonrisekingdom_convert_20130328185551.jpg



ちなみにこちらが、先週のティルダ。
デヴィッド・ボウイの展示会特別鑑賞イベントに出席した様子。
swinton-toyboy_convert_20130328185510.jpg



で、ね。こちらが今回の映画のティルダ・スウィントン。 すんごく美しいでしょ?
f0d10962_convert_20130328185440.jpg



座る姿も美しいし、
TKY201201240247_convert_20130328185624.jpg



後ろ姿も、背中も美しい!
20120105_2710529_convert_20130328185413.jpg




それで、映画はどうだったの?ですって?
え~~~っとね。  ・・・・・・・普通でした。。。(笑)

終盤には、予想外の悲劇が待ち受けるのですが
申し訳ないけど、同情できませんでしたし。。。
『愛に生きる』って、貴女はそれで良いでしょうけれど
「残された家族はどうするの?」「今後の生活は?」
「恋に燃えてる時はいいけれど、捨てられる可能性もあるのよ!」
と、諭したい気分になりました。

あ~~、やっぱりダメねぇ、私。。。
普通のオバサンなので、普通の感覚のまま、普通に生活していくしかないのね。
「息子の友人が恋人」なんて、絶対に無理だもん!

予告編では「ヴィスコンティを彷彿とさせる映像美」と言っていましたが
そんな雰囲気はありました。
上流階級の贅を尽くした家、素晴らしい調度品や、ハイセンスなファッションは
確かに目の保養になりました。
BGMの使い方も昔のイタリア映画風でしたし。

そういえばヴィスコンティの映画を随分長い間、観ていません。
久しぶりに観たくなりました。

なお、原題は「Io Sono L'Amore 」(英題は「I Am Love」)
邦題の「ミラノ、愛に生きる」のミラノは、いらなかったかも。。。


写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

今日で3月も終わりですね。あっという間の3月でした。。。
本日もご覧いただき、ありがとうございました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/03/31(日) 04:57:32|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「思秋期」

飯田橋の名画座ギンレイホールで「思秋期」を見ました。
T0014086p.jpg



【解説】 allcinemaより

 俳優として活躍するパディ・コンシダインの記念すべき長編監督デビュー作にして、各地の映画祭で高い評価を受けたヒューマン・ドラマ。衝動的な怒りを抑えられない孤独な暴力男と秘密を抱えた女性が辿る不器用にして痛切な心の交流を鮮烈な筆致で描き出す。主演は「マイ・ネーム・イズ・ジョー」「BOY A」のピーター・ミュラン、共演にオリヴィア・コールマン、エディ・マーサン。
 妻に先立たれた失業中の中年男ジョセフは衝動的な怒りを抑えられず、酒を飲んではところ構わず大暴れする自暴自棄な毎日を送っていた。そんなある日、ひょんなことからチャリティ・ショップで働く女性ハンナと出会う。明るく優しい彼女は、誰からも相手にされないジョセフに対しても身構えることなく自然に接し、いつしか彼の凝り固まった心をほぐしていく。ところがそんなハンナにも、人には言えないある暗い秘密があったのだが…。



予告編です。




ちょっと気弱になっている時には、ご覧にならない方が良い映画です。
最初からショッキングな事が起こります。
怒りを抑えきれず、キレまくる初老の男ジョセフをピーター・ミュランが熱演しています。
飲んでは暴れ、翌日は反省と後悔。でもすぐに朝から飲んでまたキレての繰り返し。
怖いくらいの演技でした。
341097_005.jpg



優しいけれど、寂しげな眼差しのハンナ。
物語が進むとすぐにどうしてなのかは、予想がつきます。
「辛いなぁ・・・」と思いながら、見ていました。
341097_009.jpg


登場人物が、皆、ワケありなんです。
5年前に妻に先立たれ、失業中の初老の男。怒りを抑えきれず、暴れまくる。
近所に住む幼い少年は、母のチンピラ風の恋人が来ると、いつも外に追い出され
ドアの外で一人遊んでいる。傍らには亡き父のプレゼントのウサギのぬいぐるみ。
末期がんの男の親友。苦しい息をつきつつ「もう、俺はダメだ」と男に囁く。
チャリティーショップで働く女。粗暴な男にも優しく接し、膝をつき、神に祈る。
が、日に日に顔にアザが増えていく・・・。
ただでさえ暗い設定なのに、空までいつもどんよりねずみ色。
もう、思いっきり、重く暗い映画でした。

最後は明るい兆しを見ることができるのですが
ご覧になる方は、覚悟してくださいね。

なお、原題の「TYRANNOSAUR」はティラノサウルスです。
主人公の亡くなった奥さんのニックネームだったそうです。
邦題の「思秋期」は、上手いのですが、ちょっとずるいな。
「人生の折り返し地点を過ぎ、ゆっくり静かに自分の人生を振り返ってみる」
みたいなイメージがわきますが、そんなに優しい内容ではなかったです。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/03/29(金) 06:10:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「遺体 明日への10日間」

「遺体 明日への十日間」を見ました。
T0015222p.jpg



(シネマ・トゥデイより)
チェック:
2011年の東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を題材としたルポルタージュ「遺体 -震災、津波の果てに-」を基に、メディアが伝え切れない被災地の真実を描き出したヒューマン・ドラマ。葬儀関係の仕事をしていた主人公を中心に、遺体を家族のもとに帰そうと奮闘する遺体安置所の人々の姿を映し出す。メガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズの脚本や『誰も守ってくれない』などで知られる君塚良一。西田敏行が主演を務め、佐藤浩市や佐野史郎など日本を代表する名優たちが共演。東日本大震災の壮絶な様子と共に、遺体安置所の人々を通して日本人の死生観をも映し出す。

ストーリー:
東日本大震災の発生直後。定年まで葬儀関係の仕事に就いていた相葉常夫(西田敏行)は、仕事柄遺体に接する機会が多かったことから、遺体安置所でボランティアとして働くことになる。一人一人の遺体に優しく話し掛ける相葉の姿を見て、膨大な遺体に当初は戸惑っていた市職員たちも、一人でも多く遺族のもとに帰してあげたいと奮闘し続ける。



予告編です。




映画館で予告編を見た時から、泣きそうになってしまいました。
映画を見たら、きっと泣いてしまうのだろうなぁ、と思って
見るのを少し躊躇していました。
でも、「この映画は絶対に見なくてはいけないんだ!」と、
自分でもよく分からない使命感に駆られ、ようやく見てきました。



はい。もう、泣いてきましたよ。
こらえようもない涙が、どんどん溢れてきました。
sub3_large_convert_20130321180231.jpg




特に小学生のご遺体が運ばれてきた時と、臨月の妊婦さんが・・・
というシーンでは、声を上げて泣きそうになってしまいました。
sub1_large_convert_20130321181418.jpg



役者さんも撮影スタッフも、皆さん全員が、辛い思いでこの映画に携わったと思います。
もちろんご遺族の方達が一番お辛いと思いますが
「報道されなかった映像」をこうやって記録として残してくれて
本当に良かったと思います。

この映画の主人公のモデルになった方の記事です。
お時間がございましたら、こちらをどうぞご覧下さい。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/03/22(金) 06:22:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「それでも、愛してる」

「あの日 あの時 愛の記憶」の後にもう1本、
名画座で「それでも、愛してる」を見ました。
T0013316p.jpg



【解説】 <allcinemaより>

 監督・主演を務めるジョディ・フォスターが、94年の「マーヴェリック」以来となるメル・ギブソンを共演に迎えて贈るヒューマン・ドラマ。結婚20年目に夫がうつになったことから家族崩壊の危機を迎えた夫婦の再生への道のりを優しく見つめる。共演はアントン・イェルチン、ライリー・トーマス・スチュワート、ジェニファー・ローレンス。
 玩具会社の2代目社長ウォルター・ブラックは、ある日突然、うつ病になってしまう。様々な治療も効果はなく、一日中寝ているばかり。そんな父の姿に小学生の次男は戸惑い、高校生の長男は激しく反発する。妻のメレディスも、もはやただ見守ることしかできなかった。やがて家を出て行ったウォルターだったが、たまたま手にしたビーバーのぬいぐるみに話しかけられ、自殺を思いとどまる。彼はビーバーを通して話すことで自信を取り戻し、感情も快復する。以来、うつの症状は消え去り、ビーバーを片時も手放さないことを除いては仕事も家庭も順調に回り始めるウォルターだったが…。



予告編です。





この映画、実は評判はあまり芳しくはありませんでした。
でもメル・ギブソンは「マッド・マックス」から、長~~い間、見てきた俳優さんですから
Mad+Max_convert_20130319154058.jpg
(↑ しっかし、若いわ~! 私もまだ十代だったし。笑)



今回もお付き合いさせていただきました。
cast_img_02_convert_20130319154013.jpg



邦題は「それでも、愛してる」なんて、よく分からない題名ですが
原題は「THE BEAVER」。 はい、ビーバーです。
マッドマックスおじさん、いえ、玩具会社社長のウォルターは
うつ病を発症して以来、色々な治療法を試してみたけれど全然ダメ。
けど、一度ゴミ箱に捨てたビーバーのパペットを拾い
左手で操作してみたら、あ~ら、不思議。
言葉がスラスラ出てきて、家族との会話もスムーズに。 食事の時も
342316_01_06_02_convert_20130319153937.jpg



寝るときも
342316_01_01_02_convert_20130319153803.jpg



もちろん、仕事の時だってビーバーと一緒。
342316_01_05_02_convert_20130319153917.jpg


それで、めでたしめでたし、なのかなぁ~と思ったら
ここからが色々とあるのでした。
342316_01_07_02_convert_20130319160056.jpg




この映画で監督も務めるジョディー・フォスター。
ウォルターの妻、メレディス役です。
jodie_large_convert_20130319160028.jpg



思えばジョディー・フォスターも長く見てますねぇ。。。
「タクシードライバー」や
imagesCASSBIRM.jpg



「ダウンタウン物語」や
imagesCA37AKU1.jpg



そういえば「白い家の少女」なんてのも、昔見たわね。
18125132.gif
(↑この若いお兄ちゃん、チャーリー・シーンのお父さんのマーティン・シーンです)


はっ!いけない、いけない。。。
ついつい、昔話になってしまいました。。。


そう、そう! 
この映画にジェニファー・ローレンスちゃんが出てました。
世界でひとつのプレイブック」で今年のアカデミー賞主演女優賞を
受賞した、あのジェニファー・ローレンスちゃん。
登場シーンではチアの格好をしていたので、全然、気づきませんでしたよ。
o0303016612258993655_convert_20130319154119.jpg



美人で成績優秀、チアガールもやっていて、誰もが羨む女子高校生!
でも心の中は、母親との関係や、亡くなった兄のことで悩みが一杯。
という場面で、はたと気づきました。 あれれ?この子、よ~~く見たら
ジェニファーちゃんじゃないのっ!(←気づくの、遅過ぎ!)
342316_01_04_02_convert_20130319153853.jpg



この映画の制作は2009年だったので、ジェニファーちゃんはまだ十代でした。
まだ十代なのに、この貫禄(+色気)。 やはり只者ではなかったのですね。
the_beaver2_convert_20130319154141.jpg




パペットのビーバー、マヌケ面で何だかあまり可愛らしくないのですが
時々リアルに表情が出て、ひょっとして生きてる? CG使ってる?
なんて思うことがありました。
しかも最後の頃は、顔が怖くなってくるんですよ。。。(それはちょっとすごかったな)
e248e301-s_convert_20130319164035.jpg

何だか唐突な映画でした。
説明不足なんですよ。
妻が「私は貴方を2年間も支えてきたのよ!」と激しく言う割に
結構、ほったらかしだし冷たいし。
最後には子供たちを連れて家を出ていっちゃうし。

高校生の長男も「親父なんて大嫌い」なくせに、いつの間にか改心し
いそいそと父に会いに行くし・・・。

ウォルターもあれほどビーバーに頼っていたのに、いきなりの決別。
家族それぞれの苦悩がそれほど描かれていないので、
なんで?なんで?どうしてなの? なんて思いながら見ていたら
無理やりねじ込んだような「感動のハッピーエンド」。

スター2人とジェニファー・ローレンスちゃんが出ていた映画ですが
ジョディー・フォスター監督、もうちょっと家族の心情を丁寧に描いて下さい。
「何が何でも感動作にしてやるっ!」って感じが、みえみえでしたよ。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

今日は春分の日ですね。
息子達が小さい頃は、ちゃんと牡丹餅作っていたのですが
今は、作らなくなってしまいました。
手作りの牡丹餅、とても美味しいのですけれどねぇ・・・。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/03/20(水) 06:20:35|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。