花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

またまた1週間も前の話題ですみません。
先週の日曜日、夫と「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を見ました。
T0011982p.jpg


ストーリー(あらすじ) (映画.comより)

イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生をメリル・ストリープ主演で描いたドラマ。父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは1975年、50歳で保守党党首に選出され、79年にはイギリス初の女性首相となった。国を変えるため男社内の中で奮闘するマーガレットは「鉄の女」と呼ばれるようになるが、そんな彼女にも妻や母としての顔があり、知られざる孤独と苦悩があった。マーガレットを支えた夫デニス役にジム・ブロードベント。監督は「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド。第84回アカデミー賞ではストリープが主演女優賞を受賞。ストリープは史上最多17回目のノミネートにして、「クレイマー、クレイマー」(79)、「ソフィーの選択」(82)に続く3つ目のオスカー像を手にした。



予告編です。




この映画は、何と言ってもメリル・ストリープの演技ですね。
マーガレット・サッチャー元英国首相と彼女がこんなに似てる(似せ過ぎ?)なんて
思ってもみませんでした。
左が本物のマーガレット・サッチャーです。
20111201_thatcher3_v_convert_20120414195824.jpg341452_008_convert_20120414081255.jpg



今年の英国と米国のアカデミー賞主演女優賞をダブルで受賞しました。
映画を見る前は「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラさんに
個人的には受賞して欲しかったのですが
見た後は・・・ああ!これはもうしょうがない! やっぱりメリル・ストリープはスゴイ!
と、思ってしまいました。 貫禄勝ちですね。(笑)
一緒に見た夫も「メリル・ストリープ、凄すぎるな!」と、言っていました。


でもね。どうなんでしょう・・・。
まだ存命中の人物の半生を、こんな風に映像化してしまうのは。
在任中の活躍をドキュメンタリー風に追っているならまだしも
どちらかというと、認知症が進んで亡き夫の幻影に惑わされている描写が多くて
ストーリーもちょっと散漫な感じでした。
ご本人もご家族も、あまり気分が良い映画ではないでしょうね。

「イギリス初の女性の首相」になった時も
フォークランド紛争の時も、党首と首相を辞する時も
ずっと見てきた人物なので、
欲を言えば、在任中のもっと濃くて深い内容が見たかったです。

とはいえ、メリル・ストリープの演技はただただスゴイ!の一言です。
身のこなし、目線のやり方はもちろん
しゃべり方、アクセント、声色、彼女はアメリカ人なのに
かなり研究し、練習したと思われます。
(ま、そこは・・・名女優メリル・ストリープのスゴ業ですが)


久しぶりにマーガレット・サッチャー発言・格言・名言の数々を読んでみました。
心に響きます。

「今日の、そして日々の自分の仕事を計画しなさい。
 そうすれば、あなたの計画は上手く行く」

「リーダーは好かれなくてもよい。しかし、尊敬されなくてはならない」

「幸運だったわけではありません。私はそれだけの努力をしてきました」

「私はコンセンサス(関係者の意見の一致をはかること)というものは、
 さほど重要なものであるとは思いません。あれは時間の浪費の原因のようなものですから」

「人命に代えてでも我が英国領土を守らなければならない。
 なぜなら、国際法が力の行使に打ち勝たなければならないからだ」
(↑ フォークランド紛争が勃発した時の発言です、当時の事を思い出しました)


「懸命に働かずしてトップに立った人など、私は一人も知りません。
 それがトップに立つための秘訣です。
 必ずしもそれでトップになれるとは限りませんが、かなり近いところまでは行けるはずです」


「成功とは何か?それは、自分がやっていることに才能があること。
 そしてまだ十分でないということをわかっていること。
 一生懸命に働き、確かな目的意識を持っていなくてはならない
 ということを知っていること。これらをすべて併せたものだと思います」


「子供への最良のアドバイスは、本人のやりたいことを見抜いて、
 そうするように促すことですね」


「 多数に追随するな。自分自身で決断せよ。そして人々をも納得させ、リードしていけ」


「私たち(政治家)は後戻りをしてはならない。
 立ち止まった姿を世間にさらすことも許されない。前に進んだ時こそ未来が約束される」


「誤りがあるところには真理を。疑いがあるところには信頼を。
 そして絶望があるところには希望をもたらすことができますように」


「人の一生は、最終的にその人の品格に左右され、
 品格は自分をどう形成するかにかかっている」


「言って欲しいことがあれば、男に頼みなさい。
 でも、やって欲しいことがあるときは、女に頼みなさい」


「 影響力があるかないかは、レディーの資格があるかないかに似ている。
 自分で自分はレディーよと言わなければ分かってもらえないようでは、
 レディーの資格はない」

サッチャーさん、やはりあなたは凄いお人だ!



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


今日は夫は早朝から出かけてしまいました。
コレに出場します。
さて、私は何をしようかな。。。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/04/15(日) 06:39:48|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<地元でお花見 | ホーム | 最近のお弁当(2012.4月第2週)>>

コメント

こんばんは。
最近はこの世界でだれが支配してどんなバランスで保たれているのかをいろいろな判断の指標にしてます。映画の場合いろいろな権利が消滅すると映画になったりするじゃないですか。サッチャーさんについてはどんな思惑でこの映画が作られたのかなと思いました。
  1. 2012/04/15(日) 17:15:04 |
  2. URL |
  3. あかちん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
記事の内容が充実ですね。
しっかり読み、動画を見て、さらにネットで調べなおしたりしました^^

動画を見てストリープの発音にビックリ・・・
確かにあのような発音だったなあと思い出しました。

個人的にはサッチャーのユーモアのセンスが好きで
日本人がまねできない凄さを感じています。
  1. 2012/04/15(日) 19:43:21 |
  2. URL |
  3. へちま #ttBBU.rU
  4. [ 編集 ]

あかちん様

おはようございます。

>世界でだれが支配してどんなバランスで保たれているのか
歴史の授業の時に先生が同じような事を
おっしゃっていました。
物事を判断するとき、その背景を考えると分かりやすい。
やみくもに暗記しても、すぐに忘れるよ、と。

>サッチャーさんについてはどんな思惑でこの映画が作られたのかなと思いました。
私にはそれは分かりません。
夫は「サッチャー政権の再評価じゃないの?」と、言っていましたが。。。

ただ、ご家族(サッチャーさんの双子の息子さんと娘さん)は、
この映画に対して全く静観しています。
試写会等にはもちろん(招待されても)行かず
インタビューにも一切、答えていません。

私個人の意見としては
存命中の人物、しかも世界的に知られている元政治家に対して
少し失礼な映画かもしれないな、と、思っています。
もし、私がサッチャーさんの娘なら、そう感じる映画でした。
  1. 2012/04/16(月) 04:50:38 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

へちま様

おはようございます。

>しっかり読み、動画を見て、さらにネットで調べなおしたりしました^^
すごい! ヘチマさん、勉強家ですね~!

>動画を見てストリープの発音にビックリ・・・
はい。映画館で予告編を見た時、私もびっくりしました。
わぁ!すごいな。声色から発音から顔の表情までそっくりだ!って。

>個人的にはサッチャーのユーモアのセンスが好きで
そうですね。
辛辣な質問に対しても、ユーモアを持って答えていましたね。
頭の回転も舌も、なめらかに動かせる人なんだろうな、
と思いました。

映画としては(内容)、たいしたことありませんが
メリル・ストリープの化けっぷり(←言葉が適切じゃないかもしれません)は
凄かったです。
  1. 2012/04/16(月) 04:59:17 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

わ~、まだこれも観てません。。。

メリルストリープさん、
先日TVで、「マディソン群の橋」のときの
裏話があったのですが、
中年の田舎の女性のイメージを出すために、
10数キロ太って演じられたそうです。
ホントにスゴイ女優さんですね~。

今日は、まず「Drive」を観てきました。。。
いくら頑張っても、
viviさんに追いつかないよ~~~(泣)^^;
  1. 2012/04/16(月) 19:40:21 |
  2. URL |
  3. poteto #TNKBfXyg
  4. [ 編集 ]

poteto様

こんばんは。

>メリルストリープさん、
1977年の「ジュリア」に出ていたそうですが、
その時は、全く分かりませんでした。(今でも思い出せません)
78年の「ディア・ハンター」では、リンダという役で出ていました。
キレイで「悲しい女の人」だな。。。というのが、その時の感想です。
79年の「クレイマー・クレイマー」でアカデミー賞助演女優賞をとった時は
よく覚えています。(パンフも買いましたから。。。)

>10数キロ太って演じられたそうです。
役作りに徹底したリサーチをするデ・ニーロに
「自分と最も息の合う女優」と、彼女は言われていますね。
彼女の「役になりきる」というプロ魂は、いつも見るたびに
「凄いなぁ!」と、思います。

>まず「Drive」を観てきました。。。
どうでしたか?
ライアン・ゴズリンさん、「ブルー・バレンタイン」の時とは違って、
妙にカッコ良かったでしょ?(笑)

>viviさんに追いつかないよ~~~(泣)^^;
ふふふ♪ だって私は、怠け者の遊び人ですもの!(笑)
  1. 2012/04/16(月) 21:02:40 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aikarakusyoku.blog113.fc2.com/tb.php/978-03d2c7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」】

またまた1週間も前の話題ですみません。先週の日曜日、夫と「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」を見あらすじ)(映画.comより)イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーの影響で政治家を志すようになったマーガレットは197...
  1. 2012/04/15(日) 06:50:43 |
  2. まとめwoネタ速suru

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。