花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ラビット・ホール」

先週、飯田橋の名画座「ギンレイホール」へ行きました。
1本目は「ラビット・ホール」です。 (名画座なので2本立てです)
T0009937p.jpg



ストーリー(あらすじ) (映画.comより)

ニコール・キッドマンが自ら製作・主演し、第83回アカデミー主演女優賞にノミネートされたドラマ。ピュリッツァー賞、トニー賞を受賞したデビッド・リンゼイ=アベアーの原作戯曲を「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督のメガホンで映画化した。ニューヨーク郊外に暮らすベッカとハウイーの夫婦は、8カ月前に交通事故で息子を失い、絶望の淵にいた。ベッカは現実から目をそらし、ハウイーは思い出にふけることで夫婦の関係が次第にほころびはじめていたある日、ベッカは息子の命を奪った車を運転していた少年を街で見かける。ベッカは偶然を装って少年の後を追うが……。



予告編です。




相変わらずお美しいニコール・キッドマン。
今回は、幼い息子を交通事故で亡くした母親役でした。
心の中の悲しみや苦しさを、押し殺したり、爆発させたり・・・。
繊細で確かな演技でした。
main_large_convert_20120411155304.jpg



夫役のアーロン・エッカートさん。
初めて見る俳優さんかと思ったら、何度か見ているようです。
(でも、全然記憶にありません)
真面目で優等生タイプの「良き夫」を今回は演じていました。
2_large_convert_20120410150458.jpg


同じ心の痛みを共有しているはずの夫婦。
妻は悲しみと真正面から向き合おうとするのに対し、
夫は直視するのを避けつつ次のステップに踏み出そうとしています。
その微妙な感じ方の違いが、夫婦間の溝となっていきます。



主人公の母親が
「子を失った悲しみは、決して消えることはない」
「でも大きな岩のような悲しみは、ポケットの中におさまるような小石になる」
と、言うシーンがありました。 深い言葉でした。
4_large_convert_20120411155342.jpg



派手な映画ではありません。
何てことのない日常生活を描いた作品で、
「何も起こらず」「何も解決せず」、淡々とした映画です。
でも、「ああ、見て良かったな」と思わせる映画でした。
心が悲鳴を上げている時、悲しみに押しつぶされそうな時、
そんな時に、そっと手を差し伸べてくれるような映画です。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


出勤時間が30分早いのは、主婦にとってはやはり大変です。
今日は更新が遅くなり、すみませんでした。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/04/11(水) 16:27:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<「家族の庭」 | ホーム | 「ボストン美術館 日本美術の至宝」>>

コメント

こんばんは。
タレントの風見しんごさんが小学生の子を持つ親の前で交通安全の講演をしてました。実の娘さんを交通事故で失い、悲しい思いを伝えてました。人前で話し、二度とこのようなことが起こらないようにと講演しているそうです。頭が下がります。
  1. 2012/04/11(水) 17:05:23 |
  2. URL |
  3. あかちん #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。

>心が悲鳴を上げている時、悲しみに押しつぶされそうな時>って、
必ず、人生であります。。ネ。 
特に思春期から人生をどう生きるか決める。決まる頃まで。Sureその後も。
>そんな時に、そっと手を差し伸べてくれる・・・>
何かが、何かがなければ、それを乗り越えられnaカッタりします。。
>そんな時に、そっと手を差し伸べてくれる・・・>
何か。絶対必要です。。ne

>大きな岩のような悲しみは、ポケットの中におさまるような小石になる>
>深い言葉で>す。。。 ホントに>深い言葉>です。。。

この映画も観てみたい。。です。。ガ、
熊本ではまだ上映されていないようです。
これから、上映されるといいのです。ga。


  1. 2012/04/12(木) 05:21:04 |
  2. URL |
  3. chim #XcJhPOHw
  4. [ 編集 ]

あかちん様

おはようございます。

>風見しんごさん
はい。存じております。
「飲酒運転撲滅キャンペーン」のCMにも、御出演されていましたね。

お嬢さんの写真を見せながら、涙をぬぐいつつ、
辛い親の心情を訴えていた番組を見たことがあります。
私も泣きながら見ておりました。

>二度とこのようなことが起こらないようにと
>頭が下がります。
はい。私も本当にそう思います。
  1. 2012/04/12(木) 06:08:41 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

chim様

おはようございます。

>特に思春期から人生をどう生きるか決める。決まる頃まで。Sureその後も。
はい、そうですね。
いくつになっても、私は惑ってばかりです。

>この映画も観てみたい。。です。
この映画、東京でもロードショー公開した映画館が
かなり少なかったんです。
名画座で見られて、ラッキーでした。

深い映画です。
機会があったら、ご覧下さい。
  1. 2012/04/12(木) 06:12:39 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aikarakusyoku.blog113.fc2.com/tb.php/974-b4da62fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。