花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ヒューゴの不思議な発明」

昨日、映画を2本、見てきました。
最初の映画は「ヒューゴの不思議な発明」です。
T0011796p.jpg


ストーリー(あらすじ) (映画.comより)

世界各国でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説「ユゴーの不思議な発明」を、マーティン・スコセッシ監督が3Dで映画化。駅の時計台に隠れ住む孤児の少年ヒューゴの冒険を、「映画の父」として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代とともに描き出す。1930年代のパリ。父親の残した壊れた機械人形とともに駅の時計塔に暮らす少年ヒューゴは、ある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持つ少女イザベルと出会い、人形に秘められた壮大な秘密をめぐって冒険に繰り出す。主人公ヒューゴを演じるのは「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド。イザベル役に「キック・アス」「モールス」のクロエ・モレッツ。2012年・第84回アカデミー賞では作品賞含む11部門で同年最多ノミネート。撮影賞、美術賞など計5部門で受賞を果たした。


字幕版2Dで見ました。
映像がキレイだったので、3Dで見ても良かったかもしれません。

予告編です。




ヒューゴ役のエイサ・バタフィールド君、イザベラ役のクロエ・モレッツさん
2人とも卒なく、上手に演じていました。
340877_005.jpg


ヒューゴのお父さん役のジュード・ロウさん。
髪の毛がフサフサして、若干、若作りしていたので(笑)
最初、誰だか分かりませんでした。出番は少なかったけれど良かったです。
340877_004.jpg


ジョルジュ役のベン・キングズレーさん。
私にとっては「ガンジー」の人。(笑)
(ガンジー役でアカデミー賞主演男優賞を受賞しましたので)
あれから30年もたつのに、あまり変わっていません。
さすがの貫禄と演技でした。
340877_007.jpg


邦題がいけませんね。勘違いしちゃいますから。
主人公のヒューゴは、何一つ「発明」はしていません。
彼は「直した(fixed)」だけです。

ファンタジー物ではありません。
「不思議な発明」という言葉と、予告編を見ると何となくファンタジーな感じですが。。。
ワクワクドキドキの冒険物でもありません。
そういう映画だと思って見ると、肩透かしに遭います。(笑)

そうですねぇ・・・「映画愛に満ちた、ノスタルジックな作品」でした。
なお、原作の翻訳版のタイトルは、
「ユゴーの不思議な発明」(「The Invention of Hugo Cabret」)だそうです。
(私は未読です)
映画の邦題は、そのまま訳したのですね。
なお、映画の英題は「HUGO」です。
(そのまま邦題も「ヒューゴ」にすれば良かったのに。。。)

評判はあまり良くありませんが、勘違いしないで見れば(笑)
なかなか凝った脚本で、面白かったですよ。
映像もきれいですし。
それと時計のカチカチカチという音が、映画館のあちこちから聞こえてきて
「おお!これは家でこの音は無理だわ!」と、思いました。
無声映画時代の懐かしくてのどかな雰囲気を愛する人は、必見です。
あ! 製作にはジョニー・デップの名もありました。
彼が好きそうな映画だわね、と、思いましたよ。

でも、こういう映画を作るなんて・・・
スコセッシ監督、お年を召したからなのかしらね。。。


写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


昨夜の地震は、ちょっと肝を冷やしました。
ウチは震度3でしたが・・・。
仕事に行ったら、職場では「ゆうべの地震、怖かったわねぇ~」なんて話に
今日は1日中、なると思います。
気を引き締めて、今日も過ごしたいと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2012/03/15(木) 08:26:06|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」 | ホーム | 今日はホワイトデイ>>

コメント

こんばんは。
映画評論家できますね。
星5つで評価してください。
  1. 2012/03/15(木) 18:12:14 |
  2. URL |
  3. あかちん #-
  4. [ 編集 ]

あかちん様

おはようございます。

>映画評論家できますね。
残念ながら全然、無理ですよ。
評論家をされている方達は、語彙が多いです。
表現力も豊かですし。
でも、職業柄、辛辣な批評はしないので(←一部の評論家は除く)
結構、ストレスがたまるかもしれません。

>星5つで評価してください。
この映画の私の評価・・・というか、好き度は
★★★☆です。(星が3つと半分)
  1. 2012/03/16(金) 05:05:53 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aikarakusyoku.blog113.fc2.com/tb.php/947-b356d202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。