花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ヒア アフター」

「らん展」の続きは (「え?まだ続くの?」って言わないで下さい。笑)、
今日はちょっとお休みです。

昨日、「ヒア アフター」を1人で見てきました。
先週末に封切られたばかりなので、映画館内はかなり人が埋まっていました。
T0009506p.jpg 



(シネマトゥデイより)
チェック:クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『インビクタス/負けざる者たち』でイーストウッド監督作品にも出演したマット・デイモン。ほかに、『シスタースマイル ドミニクの歌』のベルギー人女優セシル・ドゥ・フランスや映画初出演のジョージ、フランキー・マクラレン兄弟が共演。彼らが見いだす生きることの素晴らしさが、ズシリと心に響く。

ストーリー:霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー(セシル・ドゥ・フランス)、亡くなった双子の兄と再会したいイギリスの少年マーカス。ある日のロンドンで、死に取りつかれた3人の人生が交錯する。



T0009506q1.jpg


予告編はこちらです。 ↓



年齢も立場も国も異なる3人(ジョージ、マリー、マーカス)が、
全く違う場所での出来事(事故)や日常生活からはじまります。
最初の津波のシーンでは、
「おお!クリント・イーストウッド監督作品というよりスピルバーグ制作作品だ!」
と、思いましたが、たんたんとストーリーが静かに進んでいき
これはまぎれもなく、クリント・イーストウッド作品でした。

最近のクリント・イーストウッド監督作品は「ハズレ無し」だったけど、
この作品はちょっと・・・。
という、感想をちらほら目に(耳に)するのですが
そんな事はないと思います。
地味だし、派手なアクションもありませんが、実にいい味を出しています。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、
死や死後の世界にのめり込んだ主人公3人の
言葉にしても分かってもらえない絶望感、
誰も理解してくれない、誰とも繋がれない切なさは、
見ている私まで胸が痛くなりました。

最後のシーンでは、意見が別れると思います。
「ご都合主義」と、とらえる方はこの映画を否定するでしょう。
でも私は
「ヒア アフター(来世)」を体感し、繋がったからこそ
3人のこれからの人生が開けていけるのではないかと、感じました。

また、音楽がとても良かったです。
美しいギターの音色は、映像を過度に刺激せず
落ち着いた作風にとても合っていたと思います。
スピルバーグ制作作品ですが、派手な映画ではありません。
間違いなくクリント・イーストウッド監督の、深い思いが込められている映画です。

しみじみと映画を味わいたい方にオススメします。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。



blogram投票ボタン


昨日の映画館はとても混んでいました。
みんな、どの映画を見にきたのでしょう?
「レディスデイ」でしたが、男性もたくさん
いらっしゃっていました。
002_convert_20110224092022.jpg


今日も暖かな一日になりそうです。
本日もご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/02/24(木) 09:22:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<「世界らん展日本大賞2011」(その6) | ホーム | 「世界らん展日本大賞2011」(その5)>>

コメント

こんばんは。
良い作品じゃないかと予告編では思います。
なかなか見にいけなくなってしまったので、DVDでみます。
  1. 2011/02/24(木) 20:34:05 |
  2. URL |
  3. あかちん #-
  4. [ 編集 ]

あかちん様

こんばんは~。

>なかなか見にいけなくなってしまったので、DVDでみます。
はい、それで十分だと思います。
じっくりと見ていただきたい映画なので
おうちでゆっくり見る方が向いているのかもしれません。

いつもありがとうございます。
  1. 2011/02/24(木) 22:10:46 |
  2. URL |
  3. vivi #-
  4. [ 編集 ]

予告編を見た時、ちゃんと理解できるかしら・・・て思ってました(笑)
3人の話が、あっちこっち飛んで・・・場面が飛びそうだからDVDでじっくりかな?!とも思っていたの^^;
ポイントがあるんだけど迷うわ(笑)
  1. 2011/02/24(木) 23:27:43 |
  2. URL |
  3. nadesiko #-
  4. [ 編集 ]

またしても!

viviさんに、やられちゃいました~^^
わ~早いな~、もう行ったのですね~。
私も、絶対に!絶対に!観たい作品です。
だって、クリント・イーストウッド監督ですもの。。。
だから、viviさんのコメントのところは、
あんまり詳しくは読んでいません。
観に行ったらまた、じっくり読まさせていただきまーす。^^
  1. 2011/02/25(金) 00:12:38 |
  2. URL |
  3. poteto #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは★

映画は、カールじいさんの空飛ぶ家以来見てません><

映画見ないですね><
  1. 2011/02/25(金) 01:13:26 |
  2. URL |
  3. 夢叶男 #-
  4. [ 編集 ]

nadesiko様

おはようございます。

>予告編を見た時、ちゃんと理解できるかしら・・・て思ってました(笑)
そんなに飛び飛びの映像でもなく
すんなりとストーリーに入っていけると思います。

ニコール・キッドマンさんがアカデミー主演女優賞を受賞した
「めぐりあう時間たち」(原題はThe Hours)をご覧になった時がありますでしょうか?
あの映画よりは、はるかに分かりやすかったです。
大変好きな映画ですが、最初に見たときは頭の中がこんがらがってしまいました。
場所も人物も時代もポンポン変わっちゃうお話なので、ストーリーについていくのが
大変でした。(笑)

>場面が飛びそうだからDVDでじっくりかな?!
超~大スペクタル映画ではないので、DVDでも良いと思いますよ。

こういう題材って、妙に「オカルト的」になったり
「キワモノ」ぽくなってしまいますが
そこはクリント・イーストウッド監督です。
たんたんとストーリーを進めながら、じっくりと見せてくれました。
なかなか渋い映画でした!

nadesikoさん、お加減がお悪いのに
わざわざコメントをありがとうございます。
あまりゆっくりは出来ないと思いますが(気分的にも)、
今日は暖かいという予報ですし、たまにはのんびりして下さいね。
  1. 2011/02/25(金) 08:41:14 |
  2. URL |
  3. vivi #-
  4. [ 編集 ]

poteto様

おはようございます。

>わ~早いな~、もう行ったのですね~。
今週末からは「英国王のスピーチ」もはじまるし
「なるべく早く見よう!」と、思っていました。

>だって、クリント・イーストウッド監督ですもの。。。
そうですよね。
私も映画館で予告編を見たとき
「何? クリント・イーストウッド監督ですって?」
「絶対、見る見る!」
と、決意(笑)していました。

>観に行ったらまた、じっくり読まさせていただきまーす。^^
こんな適当な感想なの?
もっと深く考えなかったの?
なんて言われそうで、ちょっぴり怖いです。(笑)

地味な映画でしたが、とても良かったです。
potetoさんも気に入るといいなぁ~!
  1. 2011/02/25(金) 08:49:22 |
  2. URL |
  3. vivi #-
  4. [ 編集 ]

夢叶男様

おはようございます。

>カールじいさんの空飛ぶ家以来見てません><
わぁ~! なんかカワイイ~!
夢叶男さんて、お名前の通り『夢』のある映画がお好きなのでしょうか?

個人的で偏見に満ちた私の映画の感想ですが、
「カップルにおススメです」みたいな映画は
ちゃんとチェックしておいて、
彼女とのおデートに役立てて下さい。(笑)

あ、この映画は・・・ラブラブカップルには、
あまり向いていません。
(熟年カップルだったら、良いかな。。。)

新しいお家はどうですか?
色々と慣れない事があるかもしれませんが、
若さと柔軟な頭でしっかり対応して下さい!

いつもありがとうございます。
  1. 2011/02/25(金) 08:58:40 |
  2. URL |
  3. vivi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aikarakusyoku.blog113.fc2.com/tb.php/532-35b169fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。