花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遠山記念館(その2)

前回の続きです。 (遠山記念館についての詳細はこちら

美術館に入り、学芸員さんに色々な説明を受けながら展示してあったお雛様を見て回りました。
(美術館内は撮影不可なので、写真はありません)
直前にササーっと、夫と見たのですが
改めて学芸員さんから歴史背景とか特徴とかを詳しく教えていただくと
よりいっそう、興味深く聞くことができてとても良かったです。(←夫も同じことを言ってました)


次は邸宅の見学です。皆、表玄関から靴を脱ぎ、中に入ります。
美術館内の学芸員さんとは違う方から、説明を受けました。

内玄関です。 家族や使用人専用の玄関です。
とても広くて「我が家のリビングより広いかも。。。」と思いつつ写しました。 (笑)
063_convert_20140405142152.jpg
( 家の主、遠山元一とお客様は、表玄関を使います)



お風呂場です。これまた広い! 当時(昭和11年の竣工)は、まだこの辺りには上水道がなく
自費で水源から水を引いてきたそうです。 お金があるとそんな事も出来ちゃうんですね。
073_convert_20140405142313.jpg



ちょっとした調度品にも細かい意匠が施されています。
065_convert_20140405142416.jpg



「何か模様が書いてある!」と思い、近づくと・・・絵ではなく彫り物でした。
067_convert_20140405142523.jpg



二間続きの大広間の10畳のスペースにお雛様が飾られていました。
(見学スペースは、隣接する18畳の広間からです。ホットカーペットが敷かれ、ホッとする温かさでした)
074_convert_20140405142618.jpg



2011年の大震災の時も展示されていましたが、幸いなことにほとんど壊れたお人形はなかったそうです。
一番被害があったのは庭に置かれた灯籠で、全部を元通りにするまでかなりの月日がかかったと
学芸員さんに教えていただきました。(重機が入れられないので、ほとんど手作業で行ったそうです)
075_convert_20140405142704.jpg




大広間から庭園を眺めます。
078_convert_20140405142837.jpg

「庭園の前に、窓ガラスに注目して見て下さい」 ←学芸員さん
(あら、やけに大きくて分厚いガラスだこと。きっと特注品ね) ←心の中でそう思う私

「当時の日本にはまだこの大きさのガラスを作る技術がなく・・・」 ←学芸員さん
「へぇ~、そうだったんだ」 ←心の中の私の声
「ガラスは、アメリカから船に乗って、はるばる埼玉の川島町まで運んだのです」 ←学芸員さん
「ドッヒャぁ~~!!! ガラス戸ひとつ(←何枚もあるけど)で個人輸入?凄すぎる!!!」 ←心の中の私の叫び声



「この窓からの景色ですが、時の宰相、吉田茂も・・・皆さんのこの位置から眺めたはずです」
「ほぉ~~~~~!!! そうなんだぁ~~~!!!」 ←見学人たちから思わず漏れる声
「首相自らが、わざわざやって来るなんて、そう滅多にありませんから
 当時は村をあげてのお祭り騒ぎだったでしょうね」 ←学芸員さん
080_convert_20140405143025.jpg



次に邸宅の2階に展示している雛人形を見に行きました。
2階は普段は非公開なので、すごく貴重な機会でした。
自分の足で階段を上っていくのですが・・昔の階段ですから、まあ、急な事!(下りるときのほうが怖かったです)

そして今回のメインイベントの一つ、江戸後期の古今雛を間近で見ることができました。
082_convert_20140405143115.jpg
(↑ こちらの学芸員さん、本当にお話がお上手で、見学人からの質問にも丁寧に応じてくれました)


「さ、後ろにも回って、よくご覧下さいね」と学芸員さんが言ってくださったので
じっくりと拝見させていただきました。
084_convert_20140405143207.jpg



そして2階からの眺め。左側の白い建物は美術館です。
(確かに、この美しい庭に、重機は入れられないですよねぇ・・・)
089_convert_20140405143402.jpg



2階にも興味深い調度品や小物類がたくさんありました。
でも30人ほどの人達が一斉に見学し、移動するので、なかなか写真を撮ることはできませんでした。
095_convert_20140405143506.jpg



このガラス戸を見たら、ふと、今改装中の「東京都庭園美術館」を思い出しました。
あの建物も細かい所まで、本当に凝っていましたので。
097_convert_20140405143553.jpg




その後、15分ほどの休憩。そして呉汁を食べに、迎えに来たマイクロバスに乗り込みました。
お店は遠山記念館から7~8分でした。(お店はこちら。広くてちょっとファミレスの雰囲気)

いよいよ呉汁とご対面~!(笑)  クンクンクン、うん、大豆の芳ばしい香りがする!美味しそう~♪
それにたくさんの種類の具が入っていました。思っていたよりも(大豆のスープが)濃厚でしたよ。
104_convert_20140405143639.jpg



こちらは豆乳プリン。 さっぱりなめらかでおいしかった!
(見えないけど)底の方にきな粉入りのカラメルが入っていて、良いアクセントになっていました。
106_convert_20140405143725.jpg


小雨まじりの寒い日でしたが、熱々の呉汁で体中がポカポカになりました。
美しいものを見て、美味しいものを食べて、心も体も満足な一日でした。


今日は「午後から雨、若しくは雷雨、所によっては雹」
という不安定なお天気の埼玉です。
日中も気温があまり上がらない予報ですし・・・今日は家の中で良い子(笑)にしていようと思います。


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/04/06(日) 07:00:32|
  2. お出かけ

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。