花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「声をかくす人」

ギンレイホールでもう1本、ロバート・レッドフォード監督の
「声をかくす人」を見ました。
T0008477p.jpg



【解説】  <allcinemaより>

 ロバート・レッドフォードが監督を務め、リンカーン大統領の暗殺に関わったとしてアメリカで女性として初めて死刑に処せられたメアリー・サラットの史実を基に、その裁判の過程をできるだけ忠実に再現して描き出した法廷ドラマ。一貫して無実を主張しながら何かを守って沈黙を続けるサラットの姿と、予断と偏見の中で感情的な報復へと突き進む世論に抗い、真実と法の正義を求めて孤高の戦いを繰り広げる弁護士フレデリックの葛藤と奮闘を綴る。主演はロビン・ライトとジェームズ・マカヴォイ、共演にトム・ウィルキンソン、ケヴィン・クライン、エヴァン・レイチェル・ウッド。

 南北戦争の終結間もない1865年。リンカーン大統領が南軍の残党によって暗殺される。主犯のジョン・ウィルクス・ブースは逃亡中に射殺され、さらに7人の男と1人の女が共犯として逮捕される。女の名前はメアリー・サラット。下宿屋を営みながら2人の子どもを育てる未亡人だった。元北軍大尉のフレデリック・エイキンは、元司法長官のジョンソン上院議員から彼女の弁護を頼まれる。犯人への憎しみを抱きながらも、渋々弁護を引き受けたフレデリックだったが、被告が民間人にもかかわらず、一般の法廷ではなく軍法会議にかけられることに違和感を覚える。そんな中、毅然と無罪を主張しながらも、それ以外のことは黙して語らないメアリーに戸惑うフレデリック。しかし、審理が進むにつれ彼女の無実を確信、弁護に力が入る。するとフレデリックへの風当たりも強くなり、いつしか四面楚歌の状況に追い込まれるが…。



予告編です。





主演のフレデリック・エイキン役のジェームズ・マカヴォイさん。
どこかで見た顔だなぁ・・・と、思っていました。
b85050d72ceb4cada177d136a7c2903d.jpg



え~~と、え~~~っと、あ!
「XーMEN ファースト・ジェネレーション」の人だ!
karimain_s_large_convert_20130425060759.jpg

心の中で葛藤しながらも弁護を引き受け、次第に彼女の無罪を信じ
奔走する姿にとても好感が持てました。


しかしながら、メアリー・サラット役のロビン・ライトさんはもっと上手かった!
獄中にあっても裁判中であっても、背筋をピンと伸ばし、凛としていて
そんな芯の強い女性を演じる姿には目を奪われました。
343174_01_01_02_convert_20130425060708.jpg



もう見る前から分かっているんですよ。
彼女が「アメリカで初めて死刑に処せられた女性」だって事を。
なのに「ひょっとしたら裁判が上手くいって、彼女は釈放されるかも・・・」
と、思わずにいられないくらい、彼女の演技は素晴らしかった!
343174_01_02_02_convert_20130425060737.jpg


地味な映画でした。(ま、法廷ドラマって地味な物が多いのですけれど)
けれど、重厚で見応えのあるいい映画でしたよ。
ロバート・レッドフォード監督なんだし、佳作だし、
もう少し宣伝に力を入れても良い映画なのになぁ・・・!

そう、そう! 原題は「THE CONSPIRATOR」です。
「共謀者、陰謀者」という意味です。
なのに、何で邦題は「声をかくす人」なの? 全く意味不明です。

(この映画の担当者さん、やる気がなかったのかしら・・?)


ちなみに↓こちらがアメリカの宣伝用ポスターです。
こっちの方が、この映画の本質を突いているような気がします。
707f4f87d53c0c6d3fa7a0bee04e9518.jpg




写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

本日もご覧いただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/25(木) 06:53:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ちょっと衝動買い。 | ホーム | 「風にそよぐ風」>>

コメント

見たげな

 私の感想は、いつも見て見たいで
実際に見ることは全くないんですが
見て見たい気になりました。
アメリカって国には大きな失望を感じながらも
極少数のすばらしい人間性を持った人も生きているということを教えてくれますよね。名も知られぬまま生を終える人の中に。だから失望しつつも憧れられるのですが。
  1. 2013/04/25(木) 07:24:56 |
  2. URL |
  3. さぶちゃん大魔王 #-
  4. [ 編集 ]

確かに邦題の「声をかくす人」の担当者は
やる気がないように感じます^^

ではどうする?と考え始めて小一時間(苦笑)
・・・・・・・・・・・
結局平凡な「母の秘密」になりました(爆笑)
↑「声・・・」よりもさらにダサイ・・・

映画会社に勤めなくて良かったわ^^
  1. 2013/04/25(木) 23:18:19 |
  2. URL |
  3. へちま #ttBBU.rU
  4. [ 編集 ]

さぶちゃん大魔王様

おはようございます。

>極少数のすばらしい人間性を持った人
そうなんですよ。
そういう人達を取り上げて
作品にするのが、また上手かったりします。

アメリカは大きな国だし、人種も多様で
玉石混交の国だと思うのですが
時々、キラリと光る人達を知る機会があると
「ああ、アメリカもまだまだ捨てたもんじゃないわよね」
と、心の中で思うのです。
  1. 2013/04/26(金) 06:44:16 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

へちま様

おはようございます。

>ではどうする?と考え始めて小一時間(苦笑)
まあ、まあ!
へちまさんの貴重なお時間を割いていただき、恐縮です。

>「母の秘密」
こちらの方が、映画の内容に沿っていますね。

それに・・・ひょっとしたら・・・
「母の(恋愛関係の)秘密」と勘違いして、
映画を見に来る方がいるかもしれません。(笑)

おお! 集客力がアップするかも!(笑)
  1. 2013/04/26(金) 06:49:41 |
  2. URL |
  3. vivi #Uz.S8pnM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aikarakusyoku.blog113.fc2.com/tb.php/1357-80843f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。