花を愛で食を楽しむ生活

人生半ばを過ぎ、子育てもほぼ終わりです。 自分をもっと高められるような生活をするのが目標です。 でも、もともと怠け者なのでゆっくり歩んでいこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「声をかくす人」

ギンレイホールでもう1本、ロバート・レッドフォード監督の
「声をかくす人」を見ました。
T0008477p.jpg



【解説】  <allcinemaより>

 ロバート・レッドフォードが監督を務め、リンカーン大統領の暗殺に関わったとしてアメリカで女性として初めて死刑に処せられたメアリー・サラットの史実を基に、その裁判の過程をできるだけ忠実に再現して描き出した法廷ドラマ。一貫して無実を主張しながら何かを守って沈黙を続けるサラットの姿と、予断と偏見の中で感情的な報復へと突き進む世論に抗い、真実と法の正義を求めて孤高の戦いを繰り広げる弁護士フレデリックの葛藤と奮闘を綴る。主演はロビン・ライトとジェームズ・マカヴォイ、共演にトム・ウィルキンソン、ケヴィン・クライン、エヴァン・レイチェル・ウッド。

 南北戦争の終結間もない1865年。リンカーン大統領が南軍の残党によって暗殺される。主犯のジョン・ウィルクス・ブースは逃亡中に射殺され、さらに7人の男と1人の女が共犯として逮捕される。女の名前はメアリー・サラット。下宿屋を営みながら2人の子どもを育てる未亡人だった。元北軍大尉のフレデリック・エイキンは、元司法長官のジョンソン上院議員から彼女の弁護を頼まれる。犯人への憎しみを抱きながらも、渋々弁護を引き受けたフレデリックだったが、被告が民間人にもかかわらず、一般の法廷ではなく軍法会議にかけられることに違和感を覚える。そんな中、毅然と無罪を主張しながらも、それ以外のことは黙して語らないメアリーに戸惑うフレデリック。しかし、審理が進むにつれ彼女の無実を確信、弁護に力が入る。するとフレデリックへの風当たりも強くなり、いつしか四面楚歌の状況に追い込まれるが…。



予告編です。





主演のフレデリック・エイキン役のジェームズ・マカヴォイさん。
どこかで見た顔だなぁ・・・と、思っていました。
b85050d72ceb4cada177d136a7c2903d.jpg



え~~と、え~~~っと、あ!
「XーMEN ファースト・ジェネレーション」の人だ!
karimain_s_large_convert_20130425060759.jpg

心の中で葛藤しながらも弁護を引き受け、次第に彼女の無罪を信じ
奔走する姿にとても好感が持てました。


しかしながら、メアリー・サラット役のロビン・ライトさんはもっと上手かった!
獄中にあっても裁判中であっても、背筋をピンと伸ばし、凛としていて
そんな芯の強い女性を演じる姿には目を奪われました。
343174_01_01_02_convert_20130425060708.jpg



もう見る前から分かっているんですよ。
彼女が「アメリカで初めて死刑に処せられた女性」だって事を。
なのに「ひょっとしたら裁判が上手くいって、彼女は釈放されるかも・・・」
と、思わずにいられないくらい、彼女の演技は素晴らしかった!
343174_01_02_02_convert_20130425060737.jpg


地味な映画でした。(ま、法廷ドラマって地味な物が多いのですけれど)
けれど、重厚で見応えのあるいい映画でしたよ。
ロバート・レッドフォード監督なんだし、佳作だし、
もう少し宣伝に力を入れても良い映画なのになぁ・・・!

そう、そう! 原題は「THE CONSPIRATOR」です。
「共謀者、陰謀者」という意味です。
なのに、何で邦題は「声をかくす人」なの? 全く意味不明です。

(この映画の担当者さん、やる気がなかったのかしら・・?)


ちなみに↓こちらがアメリカの宣伝用ポスターです。
こっちの方が、この映画の本質を突いているような気がします。
707f4f87d53c0c6d3fa7a0bee04e9518.jpg




写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

本日もご覧いただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/25(木) 06:53:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「風にそよぐ風」

いつものように飯田橋にある名画座「ギンレイホール」で映画を見てきました。
「風にそよぐ風」です。
T0010705p.jpg



【解説】 <allcinemaより>

 「去年マリエンバートで」「巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)」の巨匠アラン・レネ監督がクリスチャン・ガイイの小説を基に、ひょんなことから初老男性を襲う不条理に満ちた老いらくの恋の行方を瑞々しくかつミステリアスな筆致で描き出す恋愛ストーリー。主演は「メロ」のサビーヌ・アゼマ、「恋するシャンソン」のアンドレ・デュソリエ。

 歯科医のマルグリットは、ショッピング帰りに引ったくりに遭いバッグを奪われてしまう。ショッピングセンターの駐車場で財布を拾った初老の男性ジョルジュ。それはバッグを引ったくられたマルグリットの財布だった。お金は抜き取られていたが、中身を確認したジョルジュは、小型飛行機の操縦免許証の顔写真を見て恋に落ちてしまう。そして財布を警察に届けたジョルジョのもとに、後日マルグリットからお礼の電話がかかってくるのだが…。



予告編です。




いやぁ~、参りましたね。アラン・レネ監督が80代後半に撮った映画ですよ。
(今年の6月で91歳になるそうです)
題名からは「熟年男女のみずみずしい恋愛劇」・・という雰囲気ですが
実際は、なんて言ったらいいのかなぁ・・・
「一歩間違ったらストーカーになっちゃうアブナイ初老男」と
「中年歯科医で翔んでる女(←昔々の流行語でした)」の不思議な恋愛関係、
という感じでした。

ラストも「え?どういうこと? で、どうなったのよ?」
「もう、何で最後までちゃんと見せてくれないのよ!」
と思わせる唐突な終わり方で(しかも随所随所でパロディが出てくるし)
完全に人を食っていますね。
ま、そこら辺がハリウッド映画とは全く違うところだなぁ。。。

分かりやすいストーリーでしたが、『大人の恋の駆け引き』に疎い私にとっては
「へぇ~、こんな恋愛って疲れないのかしら?」
「奥さんが、よく黙っていられるわよね」
「私には絶対に無理だわ! こんな夫だったら、絶対に捨てちゃうわよ!」
と、極めて単純でお子ちゃま的な(笑)感想でした。

知的で饒舌な大人の恋愛劇(←ちょっと意味不明ですみません)に興味がある人には
104分(上映時間)の夢物語を堪能いただけると思います。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

本日もご覧いただき、ありがとうございました。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/24(水) 05:57:19|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「ヒッチコック」

昨日(4/18)仕事の後に、貯まったシネコンのポイントで映画を観て来ました。
「ヒッチコック」です。
T0013975p.jpg



【解説】 (allcinemaより)

 巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔「サイコ」の波乱に富んだ誕生秘話を名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンの共演で再現した伝記ドラマ。困難を極めた製作の舞台裏を、監督である夫を影で叱咤し支え続けた妻アルマとの知られざる夫婦の愛憎物語を軸に描き出す。原作はスティーヴン・レベロの『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』。共演はスカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ジェシカ・ビール、ジェームズ・ダーシー。監督はドキュメンタリー「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」のサーシャ・ガヴァシ。劇映画はこれが初めてとなる。

1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意する。しかし、優秀な映画編集者にして脚本家でもある妻アルマはこの企画に懐疑的。案の定、その陰惨な内容に映画会社は二の足を踏み、出資を拒否する。それでも諦めないヒッチコックは、ついに自宅を担保に自己資金での製作に乗り出す。そんな夫の熱意の前に、アルマもこれまで同様のサポートをしていくが…。


予告編です。





実際のヒッチコック監督と奥様のアルマさんです。
アルマさんはかなり小柄な方だったんですね。
tumblr_mgy0shtP1Z1qkuou9o1_500_convert_20130419054024.jpg

アルマ役のヘレン・ミレンさん。すっごい迫力!(笑)
「私が夫をここまでの名監督にしたのよ~」という気迫にあふれていました。
344434_01_01_02_convert_20130419054847.jpg



アンソニー・ホプキンスは、よ~く見るとあまりヒッチコック監督に似ていませんでしたが
それでも全体的な雰囲気とか、
8426518496_e5b6387251_o_convert_20130419054104.jpg
(↑ 左が本人、右がアンソニー・ホプキンス)



細かい演出とかで、上手くカバーしていました。
be2d56f5.jpg

59150_convert_20130419054403.jpg




「サイコ」の主演女優だったジャネット・リーさんを
Studio_publicity_Janet_Leigh.jpg

スカヨハ(スカーレット・ヨハンソン)が、上手に演じていました。
344434_01_07_02_convert_20130419054452.jpg
(↑ 本人よりもかなり色っぽかった気がしますが・・・。笑)



この映画は、ヒッチコック監督の最大のヒット作「サイコ」の撮影秘話物語だったのですが
なかなか興味深かったです。
あのヒッチコック監督もこんな苦労をしていたのね、と思うと
妙に親しみ深く思いましたよ。
残念ながら全部の作品は見ていませんが、機会があったらまた見てみたいなぁ~と
思わずにいられませんでした。

ちなみに私は「北北西に進路を取れ」や「鳥」「裏窓」「ダイヤルMを廻せ!」が好きですが
実は「ハリーの災難」がユーモアがあって一番好きなんです。
(シャーリー・マクレーンがとっても可愛いの!)
今、「午前十時の映画祭」をやっていて、「サイコ」が上映されるので
もう一度、新たな気持で見てみたいと思っています。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

昨日は暑かった埼玉。日中は半袖で気持ちが良かったです。
で、今日の予想最高気温は17度。
そして、明日はなんと!13度の予報。
もう! 何、着りゃ、いいのよ~~っ!

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/19(金) 06:14:29|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「最終目的地」

飯田橋の名画座「ギンレイホール」で「最終目的地」を観て来ました。
T0014425p.jpg




【解説】  <allcinemaより>

 日本でも評判を呼んだピーター・キャメロンの同名小説を名匠ジェームズ・アイヴォリー監督が映画化した文芸ドラマ。自殺した作家が残したウルグアイの古い邸宅で、時が止まったかのような静かな生活を送る遺族たちが、作家の伝記執筆の許可を求めて現われたアメリカ人青年の登場によって様々な変化を引き起こしていくさまを、退廃的にしてエキゾチックな雰囲気の中、繊細かつ格調高い筆致で描き出していく。出演はアンソニー・ホプキンス、ローラ・リニー、シャルロット・ゲンズブール、オマー・メトワリー、真田広之。
 アメリカの大学院生オマーは、自殺した作家ユルスの伝記を執筆すべく遺族の公認を求めるも、あえなく拒絶されてしまう。しかし恋人に鼓舞され、直接面会して説得するため南米ウルグアイの人里離れた亡き作家の邸宅へと向かう。そこでは作家の妻、作家の愛人とその娘、作家の兄とそのゲイの恋人が奇妙な共同生活を送っていた。さっそく交渉を始めると、兄のアダムからは条件付きながらすんなりと公認を得られた一方、妻のキャロラインには頑なに反対されてしまう。そんな中、作家の愛人アーデンとの距離が急速に縮まっていくオマーだったが…。



予告編です。





作家の妻役のローラ・リニーさん。 美しく、気難しく、プライドが高い様子が
顔の表情、振る舞い、着ている装いにも表れていました。 
微妙な心の迷いなども上手に演じ分けていて、それが物語に深みを増していたと思います。
o0480036012238385816_convert_20130406161919.jpg



作家の愛人と娘。 作家の妻から
「夫が孕んだ子猫を連れてきた(「拾ってきた」だったかもしれません)感じ」と言われましたが
その表現、「確かに、彼女はそんな感じ!」と心の中で思いました。
ちょっと流されやすく、気弱な感じの優しい女性ですが、心の奥底にはきっと強い芯があるのでしょう。
じゃないと、同じ敷地内に本妻と一緒に住むのは・・・。
o0480036012238386049_convert_20130406162018.jpg



作家の兄役のアンソニー・ホプキンス。 さすがの演技でしたよ。貫禄充分。
洒落た会話を好み、現実的な感覚の持ち主、といったところでしょうか。
o0480036012238386074_convert_20130406162039.jpg




真田広之さんが、兄のパートナー役で出ていました。
(25年間も連れ添った)ゲイという難しい役でしたが、自然な感じで演じていましたよ~。
342922_01_01_02_convert_20130406161652.jpg


物語は静かに穏やかに進行します。はっきり言って地味な映画です。
(右隣でご覧になっていたご婦人は、半分くらい寝てらっしゃいました)
でも私には、決して退屈ではなかったです。
大河の流れに身を任すように、ゆっくりとした時間を楽しむ映画だと思います。
早いテンポの映画や刺激的な映像を好む方には、向いていません。

しか~~し! この2人の恋の行方が主な内容だと思うのですが
主人公のオマー役のオマーさん。(偶然にも役名と名前が一緒!)
印象に残らないというか、周りが芸達者な役者が揃っているせいか、イマイチでしたわ。
342922_01_05_02_convert_20130406161736.jpg


(お金に余裕があれば)老後は南の国で、こんな風にのんびり暮らすのもありかも。。。
と、思わせる映画でした。
それにしても2008年に製作の映画が、去年の秋頃にようやく日本で公開だなんて
「ちょっとなぁ・・・」と、考えこんでしまいます。
テレビ局製作の広告にやたらとお金をかけた映画や、
知名度ばかりが高い役者(役者とも言えないような人もいるけど)を使った映画しか
日本では儲からないのでしょうね。。。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


英国のマーガレット・サッチャー元首相が8日、お亡くなりになりました。
一番記憶に残っているのは、やはりフォークランド紛争です。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/09(火) 05:27:09|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「クラウドアトラス」

映画「クラウドアトラス」を観て来ました。
T0010950p.jpg



解説 (映画.comより)

「マトリックス」のラナ&アンディ・ウォシャウスキー、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクバの3人の監督がメガホンをとり、デビッド・ミッシェルの同名小説を映画化。悪人として始まったある男の人生が、過去・現在・未来といくつもの時間や空間と交錯する。数奇な体験を経た男が世界を救おうとする姿を、ドラマやSF、アクション、ミステリー、ファンタジーなどさまざまなジャンルを内包して描く壮大な物語。トム・ハンクス、ハル・ベリーをはじめ、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィービング、ジム・スタージェス、ペ・ドゥナ、ベン・ウィショー、スーザン・サランドン、ヒュー・グラントら豪華俳優が各国から集結。



予告編です。





時代も場所も違う6つのエピソードが次々と展開し、最初のうちは
頭の中が混乱し『?????』状態でした。(笑)
そのうちに、この場面はあの場面の続きなんだな、とか
この人はあの人の生まれ変わりなんだろうな、と徐々に理解してきてからが
グ~ンと面白くなってきました。

でも見逃したり、気づかなかったシーンや人物がたくさんあって
エンドロールで、誰がどの役をやっていたのか紹介されると
「うっそぉーーーーっ!!!」って、心の中で叫んでしまいましたよ。(笑)

だって、トム・ハンクスのこの↓変わり様、ちょっとやそっとじゃ見分けられません。 
6役ですから、もう、無理ですよ~。
tomhanks6_main_convert_20130404154752.jpg



ヒューゴ・ウィービングだって、ほら、ご覧の通り。
13_2.jpg


ちなみにこの方は「マトリックス三部作」では、あの『エージェント・スミス』役でした。
Agent_Smith_1600x1200_convert_20130404161808.jpg



ソンミ役のペ・ドゥナさん。 良かったですよ~。
彼女の憂いを帯びた独特の目の表情が、生かされていたと思います。
20130306003875_0.jpg


私は「リンダ リンダ リンダ」と「空気人形」しか見ていませんが
色々な役が出来るし、脱ぎっぷりも潔いし(笑)
今後がとても楽しみな女優さんだと思います。
ku044_convert_20130404161927.jpg


ハル・ベリーも良かったなぁ。 なんてったって、やっぱりキレイだもん。
343488_01_04_02_convert_20130404163643.jpg



その他、「007 スカイフォール」ではQ役だったベン・ウィショーも出てたり
d0160581_792933_convert_20130404163950.jpg



昔からずっと見ているヒュー・グラントやスーザン・サランドンも出演しているし
主役級の出演者をズラリと並べ、贅沢な映画です。
できればもう2~3度、映画館で見たいのですが
DVDで細かい所までじっくりチェックするのもありかな、と、思っています。
ただ、ねぇ。。。 この映画、上映時間が長いのです。約3時間の大作です。
どうかそれに奥せず、ご覧になって下さい。 



そう、そう! 
「マトリックス」を監督した時は「ウォシャウスキー兄弟」でしたが、
お兄さんのラリーが性転換し、今はラナ・ウォシャウスキーになりました。
なので今は「ウォシャウスキー姉弟」です。
ラナさん、女性になってからのほうが、にこやかな写真が多いです。
Wachowski_Lana_toronto_convert_20130404145812.jpg


larry_lana_wachowski-sexchange.jpg

SFのお好きな方もファンタジーがお好きな方も楽しめる作品だと思います。
笑えるシーンもあって、私にはあっという間の3時間でした。



写真日記のブログランキングに参加しています。
お帰りの際、1クリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

週末は大荒れだそうですね。どうぞ皆様、お気をつけてお過ごし下さい。
本日もご覧いただき、ありがとうございました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/05(金) 06:23:02|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

vivi

Author:vivi
家族は、夫と息子2人。
さいたま市在住です。
飲むこと、食べること、映画をみること、それとお昼寝が好きな主婦です。
花と美味しい物を求め、カメラを持ってお出かけします。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

お気軽にコメントやご意見をどうぞ。 お待ちしております。

カテゴリ

花 (185)
美味しいもの (299)
お弁当 (191)
映画 (172)
お出かけ (110)
日々の事 (256)
家庭菜園 (180)
スポーツ (46)
外食・外飲み (50)
コミックス・雑誌・書籍 (10)
動物 (10)
音楽 (8)
美術館・博物館 (31)
未分類 (6)

置き手紙

ご訪問いただきありがとうございます。 置き手紙で足跡を残していただいた方には、後ほど訪問させていただきます。

最新トラックバック

リンク

リンクはフリーです。 リンクしていただける時、ご一報いただけると嬉しいです。

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。